マイページ
CoCoRoプラセンタ

お客様インタビュー:辻 千幸様
小さな変化ひとつひとつが今はとても嬉しいです

お客様インタビュー お客様インタビュー:辻 千幸様 お客様インタビュー:辻 千幸様

今回は北海道帯広市にお住まいの辻千幸様とご主人様にお会いしてきました。
ピアノのレッスンをされていらっしゃる辻様が更年期の症状に悩まれて早8年。
CoCoRoプラセンタと出会ってどう変わっていったのか、またご夫婦で脚本、演出、音楽制作、演奏、歌唱指導をされている児童劇団のことなど、たくさんのお話をお伺いさせていただきました。

お客様:辻千幸様
聞き手:石井亜矢子、工藤律子 

※インタビューでお話しいただいている内容は個人の体験談・感想であり、 商品の効果すべてを保証するものではありません。

時間をかけてゆっくりゆっくりと変わってきています。

石井:
今日はインタビューをお引き受けいただき本当にありがとうございます。
辻様 :
お会いできてうれしいです。
私はきっと石井さんとお話ししたかったんだろうなって…「石井とお話しませんか」ってCoCoRo便り(会報誌)で募集をされていらっしゃいますよね。
私はそれを見て、インタビュー云々ではなく石井さんとお話がしたいって素直に思ったんです。
北海道に来てくださったら嬉しいな、そしてもしお会いできるなら、ぜひ北海道をご案内したいって考えていたんです。
石井:
私と話をしたいと思ってくださってありがとうございます。実際に辻様にお会いできてこうしてお話することができて本当に嬉しいです。辻様は2011年からCoCoRoプラセンタの定期コースを続けていただいていてます。そもそもCoCoRoプラセンタを飲もうと思われたきっかけはなんだったのでしょうか。
辻様:
更年期の症状がとてもひどかったんです。どうにかしたいと思って探しているときにCoCoRoさんのホームページに心惹かれたんです。
石井:
嬉しいです。辻様からはメールで嬉しいお声をたくさんいただいておりましたね。ありがとうございます。
辻様:
飲み始めてすぐに変化を感じたことがあったので、メールを送ったんです。
目のたるみとか、なんとなく全体的にたるみを感じるようになっていたので…なんでこんな風になってきちゃったのかしら、いやだなぁって思ってたのが飲み始めて本当にちょっと変わったんですよね。それは目に見えて分かる変化でした。
石井:
それからもう4年も続けていただいていて本当にありがたいです。飲み続けて変化などありましたか。
辻様:
劇的に変わったというよりは、時間をかけてゆっくりゆっくりと変わってきました。以前は辛かったことが今は感じなくなったり、だんだんと気持ちが前向きになっている気がします。
まるで暗い穴の中にいるみたい…更年期を恨みました。
石井:
メールではいろいろな体の症状をうかがっていましたが、実際に不調が訪れたのはどれくらい前ですか。
辻様:
8年位前ですね。その頃夫と2人で、スポーツジムに通ってダンスレッスンをやっていました。そこで昔バレエ団に入っていたころの仲間にも再会して、とっても楽しく通っていたんです。

ところがジムに居るとだんだん息が苦しくなってきて、これはおかしいなと…。息苦しくてスタジオにいることができないから、部屋の外にでて、壁にもたれて深呼吸して…そして、息苦しさから一人でパニックに襲われ、倒れることもありました。これが始まりでした。

そして息苦しさを繰り返すうちに、ついに自宅で過呼吸の発作が起きて救急車で運ばれたんです。突然息が止まりそうになる恐怖に襲われるパニック症状でした。その後結局病院で調べたところ、ぜんそくと診断されました。
石井:
過呼吸で救急車…ご主人も驚かれたのではないでしょうか。
辻様:
そうですね。けいれんを起こしているように見えたそうです。
そのころからぜんそくなど、いろんな不調があらわれるようになりました。
ぜんそくに関しては、小学校2年生くらいのときに軽い結核になってずっと咳が酷かった時期があったんです。咳が出ると止まらなくなり、息ができない恐怖、中学校のときも苦しくて倒れた恐怖などがよみがえり、そのときの[咳をしたら苦しい]っていうのが潜在的に残っていて…だから咳は私にとって恐怖のひとつだったんですね。
咳をして息が出来なくなったらどうしよう…それが不安や恐怖となって、パニックを起こす…普通の生活がだんだんできなくなっていきました。
それと、頻繁にぎっくり腰になってしまうようになりました。年に3〜4回もぎっくり腰になっていました。お風呂でぎっくり腰になったので、今でもまだ湯船に浸かるのは怖いんです。
石井:
ぜんそくに、ぎっくり腰…この二つが一緒の時期にあるなんて本当に辛いご状況だったと思います。
辻様:
治療でお薬を投与されるようになって、徐々に症状はよくなりました。ただ、その間に極端に暑さ、湿気、人ごみなどに行けなくなりました。スーパーにもいけなくて。買い物は主人の帰りを待って、連れていってもらっていました。突然息が出来なくなりそうな恐怖、それにホットフラッシュのような症状が重なって出ていました。
石井:
日常生活が送れないご状況になってしまったんですね。
辻様:
そうですね。でも、これらの辛い症状が更年期の症状だとは、はじめの頃はわからなかったです。ただずっと辛くてひたすら寝ていて…このままこの状態が続くのかと思うとすごく不安でした。だんだんと時間が経つにつれて、これは更年期の症状かもしれない…と気づきはじめるんですけど。
石井:
私はたくさんの方から更年期のお悩みをうかがう機会があります。そのなかでも辻様の症状はとても重いように感じます。
辻様:
このころはまるで暗い穴の中にいるみたいな…今までの生活ができない、今までの自分じゃないという苦しさから、更年期を恨みました。

こんなふうに症状が重くなるなんてまるで思ってなかったんです。症状がすごく辛かったころ、何かで更年期の症状が無くなるまでに10年かかったという記事を読んだんです。

10年間も辛い思いが続くなんて冗談じゃない、とんでもない、たえられないって思っていましたね。