マイページ

男性のあなたに知って欲しい 女性の体と心のサイクル

CoCoRoプラセンタ

男性のあなたに知って欲しい 女性の体と心のサイクル男性のあなたに知って欲しい 女性の体と心のサイクル

デリケートな女性の体と心を知ること

そんな時、どう対応すればいいのかわからない、彼女はどうしてほしいんだろうと、悩んでいる男性が多いようです。

女性の体と心はとてもデリケートです。
それは、女性の体は、生理、プレ更年期、更年期と絶えずホルモンのバランスの変化が起こっていて、体調や心の状態に影響を及ぼしているからです。

そんな女性の体と心のサイクルを知ることにより、愛する人や、周りの女性を理解するきっかけ、よりよい関係を築いていただくヒントになればうれしいです。

デリケートな女性の体と心を知ること
女性のホルモンバランスは絶えず変化しています

女性のからだの中では常にいろんなことが起きています。
具体的にはどんなことが起こっているのか、主なものを紹介します。

生理(月経)と1か月のリズム

生理は、妊娠のための準備です。女性の体はくるべき妊娠に向けて、毎月お腹の中で赤ちゃんを育てる準備をしています。そして妊娠しなかったときは準備していたものを捨てて、また新たに準備をはじめます。
このサイクルは人によっても体調によっても変わりますが、28日~30日くらいです。
このサイクルは、ホルモンの変化によって起こり、体や心に影響を与え、それが様々な症状となってあられます。

生理が始まって10日ほど経つと、排卵日がやってきます。
排卵日前の女性は、ホルモンバランスが安定していて、精神的にも安定しています。
排卵日後の女性は、体が妊娠の準備を始めるので、身体的にも精神的にも不調が起こりやすくなります。

生理前や生理中の症状には個人差があります。下腹部や腰がひどく痛む、頭痛、吐き気やめまいなどで毎月寝込んでしまう、痛みのために家事もできず、仕事にも行けないなど、日常生活もままならないほど辛い思いをしている女性も多くいます。

1ヶ月のリズムを知る

イラストでみる女性の1ヶ月

PMS(月経前症候群)をご存知ですか?

生理前の2~10日間に集中して心とからだの不調を感じている女性が多くいます。
中には心身のバランスが大きく崩れ不調がひどくなり、日常生活に支障がでてくる場合もあります。
その症状をPMS((Premenstrual Syndrome)月経前症候群)といいます。

生理前に、イライラする、気分が沈む、からだの具合が悪くなるなどの症状を、女性の約80%が経験しているといわれています。

これらの不調は生理の前に起こり、生理が始まると治まります。
PMS(月経前症候群)は、排卵のある女性であれば、誰にでも起こりえる症状です。 
症状のあらわれかたは個人差が激しく、症状がそれほど気にならない人もいれば、 日常生活に差し支えが出る人もいます。

PMS(月経前症候群)

普段よりも食欲が旺盛になる、甘いものなどを無性に食べたくなる、集中力や判断力が低下し、ミスを繰り返して仕事ができない、周囲とのトラブルを引き起こしやすくなるなどの症状もみうけられます。

数年間続く更年期

女性は年齢を重ねるにつれて、卵巣のはたらきがゆるやかに衰えていきます。 
これは女性の体にとっては、ごく自然な変化です。

更年期の症状はさまざまです。倦怠感やイライラ、めまい、頭痛、夜中に大量の汗をかいて目が覚めたり、急に動悸が激しくなったり、めまいで立ち上がることができなくなったり……。
症状のあらわれ方は個人差がありますが、更年期を迎える女性のほとんどがなんらかの不快な症状を感じています。

また、なんとなく感じる変調と、ある日突然襲いかかる症状とがあり、閉経を挟んで数年間ほどは、それらがいつ起こるのかわからないといった不安がつきまとうようになります。

仕事もプライベートも充実していて、子育ても一段落して、自分の時間を楽しもうと思っている矢先にでてくる更年期の症状に、ふさぎ込んだり精神的に落ち込んでしまう女性もいます。
つらいのは、気持ちに体がついていかないことや、気持ちそのものが落ち込みがちになること。
そしてその不調をなかなか周りに理解してもらえないことです。
なかには、そんな自分を責めてしまう方もいらっしゃいます。

あなたの周りの女性は、女性特有のつらさを我慢していませんか?

生理前や生理中、または更年期に、一番近くにいて気兼ねのない恋人や旦那様に、不安定な状態の自分をぶつけてしまい、あとで後悔してしまう。そんな女性の声もたくさん耳にします。
男性も、こうした女性の変化を目の当たりにし、どう受け止めていいのか分からず、困っている方もいるのではないでしょうか。

ちょっとつらそうだなと感じるとき、少しイライラしているなと感じるとき、感情の起伏が激しいなと感じるとき・・・
そんなとき、あなたはどうしますか?

そう感じたときは優しい言葉をかけてあげてくださいね。
奥様の話を聞いてあげてくださいね。
ときには、感情が高ぶって泣いてしまうことだってあるかもしれません。
そんなときは抱きしめてあげてくださいね。
女性はそれだけで、心が落ち着いたり、つらくても前向きになれたりするものなのです。

あなたの周りの女性は、女性特有のつらさを我慢していませんか?

女性は、生理前や生理中、また更年期に感情の起伏が激しくなったり、イライラしてしまっていることを自分でわかっていても抑えられないことがあります。 
男性が、その状態が女性のホルモンバランスの変化によるものだということを理解すると、お互いに安心して過ごせるのではないでしょうか。

海外では、本人だけでなく家族、パートナーなどもどのようにPMS(月経前症候群)とうまくつきあうかが広く認識されています。

女性は生理や更年期があり、それに伴うホルモンの変化によって心と体のバランスが不安定になることがたくさんあることをご理解いただけましたでしょうか。 

そんな女性特有の体と心のサイクルを理解して、周りの女性や、大切な人と心地よく過ごしていけたら素敵ですね。

女性に聞いてみました。

CoCoRoプラセンタは、更年期や生理など女性特有の悩みをお持ちのお客様から、お喜びの声をいただいています。 お声はこちら>>