マイページ

フロシキ講座|プラセンタ屋

CoCoRoプラセンタ
CoCoRoプラセンタ

まず、フロシキの歴史を教わりました。なんと、フロシキは1300年前、奈良時代から利用されていました。

古くは衣包(ころもつつみ)、平包(ひらつつみ)と呼ばれていたそうです。

「風呂敷」という名が定着したのは、江戸時代に銭湯が普及し、自分の風呂道具を包んだり、脱衣時に敷いたりなどして、生活の道具として庶民も使うようになったからです。

また当時から行商人たちの商売道具を運搬するためのものとして広がりました。

昔のものが今でも使われている、本当に良いものは残っていくのですね。

まずは大活躍のエコバック。

見た目にかわいいだけでなく、持ち手の結び目の厚みが、手にしっかりフィットして、持ちやすさに感動!

牛乳などの重いものも、あまり手が痛くならず運べそうですね。

奥行きも広くていっぱい入りそう!!

フロシキの色や柄でバックは様々な表情になります。

身につける洋服によってどの柄のバックにするか・・・、使い分けも楽しそうです。

こんな風に素敵に包んで手土産を持っていきたい!! 

フロシキの柄や包み方によって意外なところに素敵な模様がでてきたり、ここの模様を前に出すにはどうしたらいいかな~、なんて想像してワクワクしました。 

お中元やお歳暮のごあいさつ時や、和服を着たときに品物をフロシキで包み、上品にお渡しすることができたら素敵ですね。

「大人の女性」として、粋にフロシキを使いこなしたいものです。

説明を聞きながら、先生の手元と自分の手元を見比べてつくるときは、ついつい真剣になってしまいます。
でも出来上がったときには「わぁ!素敵!」と満足の笑顔になりました。

エコバッグは、少し結び方を変えるだけで大きさや用途が変わったり、
四角の箱を包むときは結び目をきれいにそろえることに真剣になったり、
1つ1つできあがる度に、もっと知りたい!もっと身につけたい!と感じました。

ペットボトルを包むことも教わりました。
瓶を包むこともできるので、ホームパーティでお酒やワインを差し入れするときにフロシキで包むと喜ばれそうですね。
小山田先生、丁寧に教えてくださりありがとうございました。

フロシキってこんなにお洒落なんです

講座のあとに、参加者の皆さまと一緒にティータイムを楽しみながら、先生が『海外ふろしきデザイン・コンテスト』の話を聞かせてくださいました。

日本のフロシキが、世界でコンテストとして開催されているなんて、驚きですね!
写真はメキシコでの受賞作品で、「メキシコのサボテン」と「日本の桜」をデザインしたものです。

その国で大切にしている文化が良くわかりますね。
昔から家にある風呂敷のイメージが強かったので、お洒落なものがたくさんあると知って、ますます活用してみたくなってしまいました。

参加者の皆さま、ありごとうございました

第1回目のイベントにご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました。

あっという間の数時間でしたが、実用的で美しい日本のフロシキに触れ、1枚の布が形を変えるたびにみんなが笑顔になっている様子をみて、私たちスタッフもたくさん元気をもらいました。

とても素敵な時間をご一緒していただき、ありがとうございました。
また一緒にキラキラ・ワクワクの時間を過ごしましょうね♪

ご希望・ご意見はこちらから
ご希望・ご意見はこちらから
ご希望・ご意見はこちらから
ご希望・ご意見はこちらから
ご希望・ご意見はこちらから