マイページ
CoCoRoプラセンタ

生理痛

そもそも生理痛はどうしておこるの?

生理痛といっても、痛みの症状、痛みの強さ、痛む場所など、同じ女性であっても人それぞれ。 
一人ひとり、痛みや症状が違うので、なかなか周りに理解してもらえないことも多いと思います。 
そもそも、なぜ生理痛はおこるのでしょう。

月経前(生理前)

生理前になるとイライラしたり、腰が痛くなったり、気分が悪くなったり、不安なったり・・・ 
こんな症状はありませんか?

排卵後、女性ホルモンの一つである黄体ホルモンの分泌量が急激に増えます。 
そして受精卵が着床せず生理が起こると一気に減ります。 
この大きな変化で、からだをコントロールする自律神経がバランスをくずし、頭痛や胃痛、イライラなどの不調を引き起こします。

≪起こりやすい症状≫

  • イライラする
  • 腰痛
  • 頭痛
  • 眠くてだるくなる
  • 眠れない
  • 憂うつになる
  • 乳房痛
  • 集中力低下
  • 吐き気がするなど


だいたい生理が始まる1週間前くらいから、あらわれるこれらの症状は「月経前症候群(PMS)」と呼ばれています。 
これは生理前後に女性ホルモンが変化することで、上記のようないろいろな不快症状がでることをいいます。 

私(代表の石井)は生理前にはこのような症状に悩まされていました。 
最近は多くの女性にみられ日常生活に支障をきたすこともあります。

月経前半(生理中前半)

生理直前から前半まで、プロスタグランジンという物質が急に増えます。 
この物質は子宮の収縮をうながして生理の経血をからだの外に排出する役割を果たします。 
この量が多すぎると収縮が強くなりキリキリとした痛みが発生します。血管を収縮させる作用もあるので、腰痛やだるさ、冷えがひどくなります。 
さらに胃腸の動きにも影響を与え、吐き気や下痢の原因にもなります。 
また、生理痛のある女性では、子宮内膜や経血に含まれるプロスタグランジンの量が生理痛のない女性より多いこともわかっています。

≪起こりやすい症状≫

  • 下腹部の痛み
  • めまい
  • 吐き気
  • 下痢
  • 冷え など
月経後半(生理後半)

月経後半の痛みなど不調の原因として、うっ血があります。 
うっ血とは血液の流れが滞ることです。 
骨盤を中心に血液の流れが悪くなり、下腹部の痛みや腰まわりの重苦しい感覚を引きおこします。 
軽い生理痛なら、このうっ血をとることで改善できます。湯ぶねにつかりからだを温める、血行をよくする食事を心がけるなどです。

≪起こりやすい症状≫

  • 下腹部の痛み
  • のだるさ
  • 頭痛
  • むくみ
  • 冷え など
つらいのは私だけ?なかなか周りに理解してもらえない毎月のこと
10代の生理痛

ホルモンの分泌が盛んになり、初潮をむかえると、生理前や生理中に気分が落ち込んだり、からだがだるい、下腹部や頭が痛くなるといった症状があらわれはじめます。 
10代のころは、子宮が未熟なために子宮の出口がせまく、子宮内ではがれた内膜を外に押し出そうとするときに強い圧力がかかるため、痛みを感じることがあります。 
これらの症状は個人差があり、ほとんどないという方もいますが、中には下痢や吐き気をともなうほど、つらい症状に悩む方もいます。

勉強のこと、友達との関係、恋愛などの悩みが多感な時期なので、こうした症状が強く出ることがありますが、通常であれば、年齢とともに痛みはおこりにくくなります。 
周りの友達とくらべて「私だけではないのかな?」と過剰に心配する必要はありません。
ただし、痛みが強く、日常生活に支障がある場合には、がまんせずにお母さんや周りの大人に相談して、適切に治療を受けることが大切です。

はたらく女性の生理痛

妊娠・出産の準備ができる成熟期は、10代のころと比べて、ホルモンバランスも安定してくる時期です。 
でも、月経血の量が増えるにつれて、プロスタグランジンというホルモンが通常より多く分泌され、必要以上に子宮が収縮し、痛みが強く出ることがあります。

はたらいている女性は、ストレスから強く痛みを感じる方も少なくありません。 
ストレスは、男女とも健康面にさまざまな影響が出ることが知られていますが、とくに女性に関しては、男性に比べて体内のホルモン環境が複雑なため、ストレスによる影響を受けやすいといわれています。

はたらく女性が多くなっている中、職場の人間関係や新たな環境のもとで仕事をはじめるときなど、強いストレスを感じることも多いようです。
責任感が強く、重要なポストを任されているからと、ひどい生理痛に悩んでいても無理をしたり、我慢してしまう女性も少なくありません。 
忙しい毎日だと思いますが、日頃からからだの改善を行うことが大切です。

ママの生理痛

生理痛の中でも、日常生活に支障をきたすほどの強い痛みを感じるものを月経困難症といいます。 
これは、出産を経験することで、痛みが大幅に軽減されることもあります。 
出産から授乳の時期にかけては生理がないため、生理痛とも無縁でいられますが、 
今の時代は家事や子育てに忙しく、そのうえ仕事もしているというママも少なくありません。 
自分のからだのことは後回しになっていませんか。 
ひとりでできる仕事の量には限界があるものです。痛みや不調があると誰しもイライラしてしまうもの。 
気づいたら、子どもにつらく当たってしまっていたなんてことになってしまいます。

40代の生理痛

40代に入ると、だんだんと卵巣のはたらきが衰えて、更年期が近づいてきます。 
ですが、まだまだ生理痛の悩みは閉経までつきないものです。 
この時期におこるつらい生理痛は、子宮筋腫や子宮内膜症などといった子宮の病気が原因の可能性もあります。

これまで子育てや仕事で忙しい毎日に追われ、自分のからだの不調を見逃してきたという方もいるでしょう。 
この年代になると婦人科にかかる機会も少なくなったという方も多いでしょうが、40代を迎えた今だからこそ、しっかりと検査を受けておくことが大切です。

つらいのは私だけ?なかなか周りに理解してもらえない毎月のこと

以前、プラセンタ屋 代表石井は、月経前症候群(PMS)の症状であります生理前のイライラ感、 不安定な気持ち、不快感、体調の悪さにとても悩んでいました。 
生理が始まると、立っていることもできないくらいの耐えがたい痛みと精神的な辛さもありました。 
市販の鎮痛剤では効かず、「何か原因があるはずだ!」と産婦人科に行っても痛み止めをもらうだけで 何の解決にもなりませんでした。月の半分もの日数をこんな体調不良で過ごすのはもう嫌だ。 

身体の中から、変えたい!改善したい!と偶然に知り合いの看護婦さんから勧められたのがプラセンタでした。 
その経験をきっかけに、自分が心から納得できる商品、 大切な家族、友人に自信を持って勧められるプラセンタのサプリメントを作りたい! 
同じようなことで悩んでいる女性にプラセンタの素晴らしさを知ってほしい! 
代表石井の強くゆるぎない思いから商品開発がスタートしました。

開発ストーリー「CoCoRo(ココロ)プラセンタ誕生秘話」はこちら>>

自分でできる生理痛対策
生理痛を緩和するツボ


・足三里-あしさんり

足の表側で向こうずねの縁の少し外側、親指をすねに当てたときに小指が当たるところに位置します。親指の先で強くすり込むように押しこみます。

足三里
・三陰交-さんいんこう

足の内側で、くるぶしに小指を置いて手を上の方向に当てたとき、人差し指が当たる高さで骨の少し後ろに位置します。親指の先を使って強く押しこみます。

足三里
冷やさないからだづくり

女性にとって冷えは大敵です。冷えがあると、生理痛が増す原因にもなります。 
そのため、からだを温めたり、運動をして、冷えを予防しましょう。



  • 適度な運動
  • 半身浴
  • からだを温める食品を食べる
  • むくみをとる
生理のときのおやつはプルーン

もともとヨーロッパで薬用果実として栽培されていたプルーンは、他の果物の十倍から数十倍といわれるほど鉄分が豊富です。 
古くから便秘や貧血に効く果物として知られています。貧血になりがちな生理のときのおやつにはまさにぴったりです。

どうしても我慢できない時はお薬を

どうしても我慢できないほどの痛みがあるときは、市販のお薬を飲むのも仕方ありません。 
我慢できないつらい痛みを私は知っています。 
以前は、病院でしか処方されなかった解熱鎮痛薬「ロキソニン」が市販薬として薬局でも買えるようになりました。

お薬は副作用もあるので、できるだけ頼りたくないと思われている方も多いと思います。
大切なことは、からだの中からの改善です。 

商品案内はこちら