マイページ
CoCoRoプラセンタ

正常な「おりもの」の色は?毎日のチェックで健康のバロメータにしよう。

「おりもの」のチェック、していますか?
毎日チェックしています!という女性は少ないかもしれませんが、実は「おりもの」の状態は、女性の体調管理に欠かせないバロメータなのです。
「おりもの」の量は、もともと多少変化するものなので、よほどのことがなければ問題はありません。

けれども、色やにおいの変化は体からのサインという場合があります。
ここでは「おりもの」の色から考えられる健康状態についてまとめています。

正常な「おりもの」の色

生理周期により多少の差はありますが、正常な「おりもの」は無色透明~乳白色で、ゼリー状になったり水のようにサラサラに変化したりします。
下着について乾燥すると若干クリーム色っぽくなったりします。

病気の可能性がある「おりもの」の色

「おりもの」の色の変化ですが、雑菌による膣内環境の乱れから病気まで要因は様々です。
特に病気と関わるような「おりもの」の色は次のような場合です。
このような症状が見られた場合は、すぐに病院に行きましょう。

黄色い「おりもの」

黄色い「おりもの」で、量が増え排尿時に痛みがある場合は、「クラミジア感染症」が考えられます。
クラミジア・トラコマチスという細菌が原因のこの感染症は、いわゆる性感染症とよばれるものです。この感染症は子宮頸管炎や卵管炎などを引き起こすことがあり、不妊症につながる場合もありますので要注意です。

黄色く、膿状の「おりもの」

「おりもの」が黄色く、膿のような状態でにおいも強い場合は「淋病」の可能性があります。
「淋病」は淋菌という細菌が原因の性感染症で、症状が悪化すると発熱や下腹部痛を起こし、不妊症につながる場合があります。

黄緑色の「おりもの」

黄色や黄緑色の泡立った形状の「おりもの」で、外陰部に痛みやかゆみがある場合は「トリコモナス膣炎」の可能性があります。
トリコモナス原虫が原因の性感染症で、悪化すると免疫力が低下し他の感染症のリスクが高くなります。

白っぽい「おりもの」

白っぽいヨーグルト状や、カッテージチーズのような形状でかゆみを伴う場合は「カンジタ膣炎」の可能性が高いです。
カンジタは真菌という、女性の膣の中にある常在菌の一種です。健康な時は膣内の環境バランスが保たれているため、カンジタは増えずトラブルにはなりません。
ところが、ストレスや疲れにより体力や免疫力が低下すると、自浄作用が乱れカンジタも増えてしまい、カンジタ膣炎を引き起こしてしまいます。

茶色い「おりもの」

ピンクや茶色い場合は、血液が混ざっている可能性が高いです。生理前後の出血はほとんどが正常な範囲のものですが、不正出血の場合には、子宮頸がん、子宮体がん、子宮頸がんポリープなどの病気の可能性があります。

他にも、においを伴う茶色い「おりもの」が出たり、量が増えたりした場合は膣内の雑菌が増えているサインでもありますので注意しましょう。

普段の「おりもの」の色を知ることで、自分の健康状態を知ることができますね。
日頃から「おりもの」をチェックする習慣をつけ、体調管理していきましょう。

おりもののにおいを軽減