マイページ
CoCoRoプラセンタ

もう、お薬にたよらない!
ツラい生理痛を和らげる【オススメのツボ5選】

生理のたびに悩まされるツラい痛み…。
大事な予定をキャンセルしたり、まともに仕事ができないほどツラいといった経験はありませんか?
最近では色々な種類の鎮痛薬もたくさん販売されていますよね。

だけど、薬には副作用があったり、体が薬に慣れてしまうと効かなくなってくることもあります。なるべくなら、体に負担をかけない方法で生理痛を緩和できたら…。

そんなお悩みをお持ちの方にご紹介したいのが【ツボ押し】です。
【ツボ押し】は人間が本来持っている治癒力に働きかけ、体に優しいことはもちろん、続けることで生理痛が起きにくい体質に変えていく効果も期待できるんですよ。
ここでは、特におススメのツボを5つに厳選してご紹介いたします。

おすすめのツボ
1.三陰交(さんいんこう)

三陰交はくるぶしの内側から指4本上にあります。
生理痛の緩和だけでなく、生理不順・不正出血・不妊症・冷え症・腰痛にも効果があります。

2.血海(けっかい)

膝上の内側のくぼみから指3本上にあります。血流が良くなり、体全体の血の巡りが改善され、ホルモンバランスも整えます。

3.関元(かんげん)

おへその真下から指4本分の場所にあります。体全体の調子を整えるツボで、元気が出るツボと言われています。腰痛や冷え症にも効果があります。

4.合谷(ごうこく)

手の親指と人差し指の骨が合わさるくぼみの部分にあります。全身のあらゆる痛みに効果的な他、冷え症、肩こり、むくみなどに効果があります。

5.腎兪(じんゆ)

ウエストのいちばん細い位置の高さにある背骨から左右それぞれ指2本分外側の場所にあります。腹部の痛み、腰の痛み、冷え症、むくみの改善にも効果があります。

ツボの押し方

ツボは軽く押してみて最も「痛気持ちいい」と感じる箇所です。ツボをゆっくり5秒程度押し続けてから、次に5秒程度で力を抜いていきます。これを10回ほど繰り返します。一点を強く押しすぎたりすると筋肉が炎症を起こして痛みがでたりしますので注意しましょう。

ツボは、押すこと以外に温めることにも有効です。
痛みを感じる部分をカイロで温めながらツボを指圧したり、お灸をすることで生理痛が緩和されます。温めることで血の巡りが良くなり、免疫機能や代謝機能を高める効果もあります。

注意点

次の場合は症状が悪化したりする場合もあるので避けてください。
・飲酒後…血流がよくなり酔いが回りやすくなります
・発熱時…熱が高くなることがあります
・病気や怪我をしている時…気分が悪くなったり、傷口から出血したりする場合があります。

このように【ツボ押し】は、市販の鎮痛薬と違って、胃が荒れたり眠くなるなどの副作用がない上、お金もかかりません。手軽に実践できて効果的な【ツボ押し】で、憂鬱なブルーデイを乗り切りましょう!

ツライ生理痛に