マイページ
CoCoRoプラセンタ

どうにかしたい!「生理中のかぶれ」 その原因と対処法

生理中、デリケートゾーンが、かぶれたり、かゆくなった経験はありませんか?

生理中の「かぶれ」には、主に4つの原因があるんです。
対処法もご紹介していますので、チェックしてみてください。

原因1.きつめの下着をつけている

経血は、「かぶれ」・「かゆみ」の原因となるムレを引き起こします。
ガードルやストッキング、きつい下着などで下半身をしめつけないようにしましょう。

原因2.洗いすぎている

生理中は、デリケートゾーンの汚れが気になりますよね。
けれども、デリケートゾーンを過剰に洗うことで、体を守る常在菌まで殺してしまい、「かぶれ」・「かゆみ」の原因となる細菌が繁殖しやすくなる環境をつくってしまいます。

皮膚を清潔に保つことは大切ですが、石鹸などで強く洗いすぎないように注意しましょう。

原因3.とりかえる頻度が少ない

汚れたナプキンを取り換える頻度が少ないと、「かぶれ」・「かゆみ」の原因となる細菌が繁殖してしまいます。
生理の日数を考慮しながら、約2時間を目安にナプキンやタンポンを取り換えるようにしましょう。

原因4.生理用品の素材が合わない

デリケートゾーンは皮膚が薄いため、肌が弱い方はもちろん、そうでない方も生理中は、より肌ストレスを受けやすくなっています。
その上、市販の紙ナプキンは、化学繊維からできているため、肌への負担がさらに大きくなります。
肌に刺激の少ない布ナプキンや、化学繊維を使用していないオーガニック素材の紙ナプキンなどがおススメです。

それでも「かゆみ」・「かぶれ」を感じたら・・・

以上のことを実践していても、生理中や生理前後は体の免疫力が低下しやすい時期なので「かぶれ」・「かゆみ」が起きてしまうことがあります。

もし、「かぶれ」・「かゆみ」が起きてしまったら・・・!!
「かぶれ」からくる「かゆみ」はイライラしますよね・・・。
でも、症状を悪化させるだけなので、絶対にかいてはいけません。
デリケートゾーンは皮膚が薄いので、すぐにただれたり、傷ついてしまって感染症を起こしてしまうこともあり得ます。

市販のかゆみ止めのお薬を試したり、ひどい「かぶれ」・「かゆみ」の場合は、恥ずかしがらずに病院で医師の診断を受けることをお勧めします。
「かぶれ」・「かゆみ」を止める、軟膏や飲み薬を処方してもらえますよ。

「生理中のかぶれ」の原因を見直して、憂うつな生理を少しでも快適に過ごせるといいですね!

生理中の「かぶれ」・「かゆみ」を解消♪