マイページ
CoCoRoプラセンタ

自分に合ったナプキンはどれ?生理用ナプキンの種類・メリットデメリット

生理に欠かせないアイテム、生理用ナプキン。
生理中の不快感を取り除くために、様々な生理用ナプキンが発売されていますね。
吸収力、付け心地、ムレ対策、素材など、パッケージの表示を基準に自分に合うものを選ぶことができます。

そんな生理用ナプキンですが、大きく分けると、【紙ナプキン】【布ナプキン】という2種類の素材があることをご存じですか?

ここでは紙ナプキンと布ナプキンの違いについてご紹介いたします。

紙ナプキン

市販されている一般的な生理用ナプキンで、ドラッグストアやコンビニ・スーパーなどで、気軽に購入できます。

メリット

使い捨てでき持ち運びに便利です。 また、吸収力が高いので取り換える時間が限られている人でも安心して利用することがきます。

デメリット

市販されている大半の紙ナプキンが化学繊維で作られているため、肌ストレスを受けやすく、かぶれ・かゆみを引き起こすことがあります。
内部には吸収力を高めるためのポリマーが入っているため、体を冷やす原因にもなりがちです。
また、生理のたびに購入しなければならず、コストがかかります。

布ナプキン

布でできている生理用ナプキンで、専門店やインターネットなどで購入することができます。

メリット

布製なのでお肌に優しいということです。素材にこだわって作られているので、デリケートゾーンのトラブルを未然に防ぎ、特に敏感肌の方におすすめの素材です。
また、洗って繰り返し使用できることから、生理用品にかかるコストを抑えられます。

デメリット

使用したナプキンは外出先から持ち帰る必要があり、洗剤につけ置きして、洗濯する手間などがかかるところです。 また、布製品なので紙ナプキンほど吸収力が高くはありません。 こまめな取り換えが必要となりますので、長時間取り換えができない人には向きません。

新しいタイプのナプキン

最近では、オーガニックコットンを使用した使い捨てナプキンが登場しています。
ちょうど、「市販の紙ナプキン」と「布ナプキン」の良い部分を合わせたような生理用ナプキンです。

メリット

「布ナプキン」のように、素材にオーガニックコットンを使用しているため、お肌に優しく、かぶれ・かゆみを感じにくくなります。
体を冷やしてしまう吸収性ポリマーを使用していないので、冷えからくる生理痛にお悩みの方にはおススメです。
また「紙ナプキン」のように使い捨てできるため、洗濯の手間がなく、持ち運びにも便利で手軽です。

デメリット

素材にオーガニックコットンを使用していることから、一般的な紙ナプキンよりもお値段が高く、あまり市場に出回っていないので気軽に手に入らないことがあります。

けれども最近では、人や地球にやさしいオーガニック製品を取り扱う専門店やネットショップが増える傾向にあり、以前より手に入りやすくなっています。


以上の点をふまえて、自分のライフスタイルに合った生理用ナプキンで、快適に過ごしたいですね。

「紙ナプキン」と「布ナプキン」のイイとこどり!