マイページ
CoCoRoプラセンタ

お肌の仕組み

美肌には肌の仕組みを知る

わたしたちの肌のしくみは大きく分けて

  ■ 「表皮」(ひょうひ)
  ■ 「真皮」(しんぴ)
  ■ 「皮下組織」(ひかそしき)


の3つの層になっています。 どの層も大切な働きをしていて、
それぞれが健康で活発な新陳代謝を繰り返していることが、美しい肌への条件になります。

肌のうるおいや色を決定するのは「表皮」です!

一番外側の「表皮」の厚さは、平均して0.06mm~0.2mm。和紙のようにとっても薄い層です。
足の裏、手のひら、おしりなどは厚みががありますが、顔はとっても薄く、
さらに目のまわりは0.07mmくらいしかありません。
この薄い表皮をさらに拡大すると、 外側から「角質層」「顆粒(かりゅう)層」「有棘(ゆうきょく)層」「基底(きてい)層」の 4つに分かれています。(上図参照)
一番外側の「角質層」は、お肌の”うるおい”の一番大切なところ。
ここにたっぷりと水分が含まれていると、しっとりとした”うるおいのある肌”ということになります。
表皮の一番下の「基底層」には、メラニン色素をつくる メラニン形成細胞(メラノサイト)があります。

ハリと弾力、水分を保つ「真皮」(しんぴ)

表皮の下にあるのが「真皮」で、厚さは2mm前後です。
ここはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった美肌に重要な成分があるところです。
どの言葉も、みなさん1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
コラーゲンは繊維状のたんぱく質ですが、 その繊維を束ねてしっかりとまとめているのがエラスチンで、このエラスチンも繊維質のたんぱく質です。ヒアルロン酸はムコ多糖類の一種で、そのものはネバネバしたゼリー状です。
たった1gのヒアルロン酸で、6リットルも水分を蓄えることができます。 このように真皮には、ハリと弾力を保つコラーゲンとエラスチン、 たっぷりと水分を保つヒアルロン酸があって肌の健康状態を維持しているのです。

「皮下組織」お肌の栄養源です

皮膚の一番下にあるのが「皮下組織」です。
皮下組織は、おもに繊維質と皮下脂肪でできています。 
筋肉や骨などと皮膚をつなぐたいせつな役割をしています。
皮下脂肪と聞くと「肥満」と思いつきますが、お肌にとってなくてはならない栄養源であり うるおいの源なのです。
うるおいには水分も必要ですが、脂肪分も必要なのです。

からだと肌の関係
きれいな肌はからだの中からつくられる

美肌をつくるためには、何より毎日の生活に気を配ることが大切です。 
睡眠をきちんととり、バランスのよい食生活を心がけ、適度に運動をして、からだの中から調子をととのえることが、肌のためにとてもよいのです。

プラセンタだけに頼っていては、本当の美肌は手にはいりません。 
毎日のよい生活習慣があって、そこにプラセンタをとりいれる。 
よい生活習慣もプラセンタも「継続は美肌なり」です。

内臓の調子が悪ければ肌もさえない

疲れがたまっているときや、胃腸の調子が悪いとき、風邪をひいて体調が悪いときなどは、肌もなんとなくさえないものです。 
病気の人の顔色が悪いのと同じですね。 
かさかさしてメイクがのらなかったり、肌の色がくすんで見えたり、ニキビがぽつんとできたりと、憂うつな肌トラブルがあらわれます。 
家族や友達の顔を見ただけで、「体調が悪いのかな」と気づくときもあるでしょう。

このように、肌はからだの中の状態を常に反映しています。みなさん、頭ではわかっていることなのかもしれませんが、ついそれを棚上げにして化粧品だけできれいになろうと考えてしまいます。 美肌にとって、もっとも必要なことは「からだの中からきれいにする」ということです。

睡眠は美肌の命 「野菜」より「睡眠」が大切?!

寝不足になると肌荒れをおこすのは、多くの女性が経験していることでしょう。
でも、中には寝不足の生活があたりまえになってしまい、肌に影響がでていることすらわかならなくっている人もいます。 
肌のために生活面で気をつけることといったら、多くの女性が「野菜をとること」を挙げますが、実は睡眠のほうが野菜よりもずっと大切です。

徹夜明けで仕事に行くと、1日中だるくて眠い状態が続きませんか。頭痛をおこす人もいます。 
1日くらい野菜を食べない日があったとしても、だるかったり頭痛がするなどということはありません。
  もちろん食事のバランスは大切ですが、睡眠ほど、からだや肌にすぐあらわれるものではないのです。 
顔を見ると寝不足かどうかはなんとなくわかりますが、野菜を食べていないかどうかはわかりません。

肌細胞は寝ている間に生まれ変わる

肌のターンオーバー、すなわち肌の生まれ変わりは28日前後かかるといわれていますが、肌細胞は、寝ている間にしか生まれません。 
起きて活動している間に細胞分裂しているわけではないのです。 
肌にとって睡眠は命です。 
帰宅時間が遅くなったときは、極端にいうと、スキンケアはなおざりで食事を適当にすませても、睡眠だけは確保するのが肌のためです。

からだの中からつくる美肌
「抗酸化力」を高めてからだの中からシミ予防

紫外線は、肌の中で活性酸素をつくりだし、シミだけでなくシワやたるみなどのあらゆる肌老化を引き起こします。この活性酸素に打ち勝つ力が抗酸化力です。 
人間のからだには、生まれながらにして抗酸化力がそなわっていて、若いころは高いのですが、年齢とともに失われていきます。そのために、子供のころは日焼けしてもシミができないのに、大人になって日焼けをすると突然シミができたりするのです。 
抗酸化物質を含む食品を摂ることで、失われた分をある程度補うことができます。

こんなあなたにおすすめ
こんなあなたにおすすめ
商品案内はこちら