マイページ カゴをみる
CoCoRoプラセンタ

プレ更年期・更年期の冷え

若いころの「冷え」とはちょっとちがう

女性は、手や足、腰などに冷えを感じる、いわゆる「冷え症」持ちの方が大変多いようです。
思春期以降の女性の半数は、冷えの悩みをかかえているといわれています。 
冷えは年々積み重なっていき、若い時から冷え症で悩んでいた人ほど、プレ更年期・更年期になってから冷えの症状がさらに強くなる傾向にあるようです。

また、上半身はのぼせて暑いのに、下半身は冷えているという経験はありませんか。 
若い時の冷えとはちょっと違って、プレ更年期・更年期に入ってからの冷え症は、ほてりやのぼせをともなうのが特徴です。

冷えの原因って?

血行が悪いとからだは冷えたり、のぼせたりします。
この、血液の循環が悪くなる原因は女性ホルモンと大きく関係しています。 
卵子と精子を受精させ、妊娠を維持するために大切なプロゲステロン(黄体ホルモン)は体温を上げる働きがあります。

しかし、年齢を重ねるにつれて卵巣機能は衰えていき、だんだんとプロゲステロンの分泌は低下していきます。
そうすると体温が下がって、血流を調整する自律神経が乱れてしまい血液の循環が悪くなって冷えが起きるのです。
プレ更年期に冷えを自覚する人も多くいらっしゃいます。 
これは上記のように自律神経はとても反応が早い神経で、体の変化にすぐ反応するからなのです。

たかが冷えだと我慢は禁物です

冷えそのものは、病気ではありませんが、放っておくとからだに様々な不具合を起こす要因となるので注意してくださいね。 月経痛、月経不順、頭痛、肩こり、不眠、肌荒れ、下痢、腰痛などは、冷えが原因で起こっている可能性もあります。 膀胱炎や、関節リウマチなどの病気につながることもあります。 「冷えは万病のもと」といいます。 たかが冷えなどと思わず、しっかりセルフケアを行いましょう。

*適度な運動をすることで、全身に血が巡ります。
冷えを解消するには新陳代謝を活発にすることがとても大切です。
こまめにからだを動かすだけでも違ってきます。
・階段を使う
・一駅分歩く
など、日常生活で少しでもからだを動かす習慣をつけたいですね♪

*からだを温める野菜を多く摂りましょう。
にんにく、ねぎ、ニラなどからだを温めてくれる野菜を積極的に普段の食事に取り入れる習慣をつけていくといいですね。


また、血行をよくするビタミンEと鉄分を豊富に含む食品を一緒に食卓に並べましょう。
ビタミンEは植物油に、鉄分はレバーやホウレンソウに多く含まれています。

*からだを締め付けるようなきつい下着や衣服はなるべく避けましょう。
かかとの高い靴や、ふくらはぎを締め付けるブーツも同様です。
血行を悪くしてしまい冷えにつながります。

*ぬるめのお湯で半身浴をしましょう。
からだを温め、全身に血行を促すことでからだが芯からポカポカして冷えの改善に効果的です。