マイページ カゴをみる

女性ホルモンを増やすアロマ

CoCoRoプラセンタ

女性ホルモンを増やすアロマ5選

アロマテラピーで使われる精油(エッセンシャルオイル)の中には、女性ホルモンの分泌を促進させるものがあることをご存知ですか?

女性ホルモンは、脳からの指令によって分泌されています。
香りは嗅覚によって脳へ素早く伝わり、女性ホルモンの分泌を促してくれるのです。

香りの脳への働きかけには、リラックス効果が得やすいという利点もあります。
一日の中で自分を大切にする時間をつくって、アロマの香りに癒されながら、女性ホルモンを増やしましょう。

入浴の際に精油を数滴お湯にたらすだけでも、広がる香りからアロマの効果を感じられますよ。

1.クラリセージ

クラリセージに含まれるスクラレオールという成分には、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするエストロゲン様作用があります。
この成分は、女性ホルモンのバランスを整える働きがあります。

ほのかな甘みを含んだスパイシーな香りは、ストレスを解消させて心を穏やかにし、気持ちを前向きにしてくれます。

2.ネロリ

ネロリに含まれるネロリドールという成分には、ホルモンに似た働きをするホルモン様作用があります。
この成分は、女性ホルモンのバランスを整える働きがあります。

ビターオレンジの花から抽出されるネロリは、柑橘系の優しい香りです。
その香りは、イライラや憂鬱を取り除き、穏やかな気持ちにしてくれます。
心の不調で悩む更年期の女性に、特に人気のアロマです。

3.ゼラニウム

ゼラニウムは、ネロリとともに心の不調で悩む更年期の女性に、人気のアロマです。
女性ホルモンの分泌を調整し、更年期をはじめとした女性特有の症状を緩和する働きが期待できます。

ほのかに甘いローズにも似た香りは、気分の落ち込みやイライラを解消させて、心を明るくしてくれます。

4.ローズオットー

精油の女王と呼ばれるローズオットーには、女性ホルモンのバランスを整え、子宮を強くする働きがあります。

高級感のあるエレガントな香りは、嫉妬や恨みなどのネガティブな感情を溶かしてくれます。

5.イランイラン

ローズオットーと同じくイランイランには、女性ホルモンのバランスを整え、子宮を強くする働きがあります。

濃厚でエキゾチックな香りは、アドレナリンの流出を抑えて、幸福感をもたらしてくれます。