マイページ カゴをみる

更年期の多汗、のぼせ、ほてり

CoCoRoプラセンタ

プレ更年期・更年期の多汗、のぼせ、ほてり

日常生活に支障をきたす場合も

プレ更年期・更年期の症状で最も多いもの、ご存知ですか? 
実は多汗、のぼせ、ほてりの症状で悩む方がとても多いんですよ。 
周りのみんなは寒がっているのに、自分だけ半袖だったり、上着を脱いでしまうことはありませんか? 
プレ更年期・更年期の多汗、のぼせ、ほてりは朝昼晩関係なく起こります。 
また、緊張がきっかけで起こることもあります。 

いつどこで、これらの症状が現れるか予想がつかないので、それが心配で人前にでることや、外出することがおっくうになる人もいます。 
夜中に、急に汗をたくさんかく人もいます。そのため熟睡できず、睡眠不足からイライラしやすくなったり、日常生活に支障をきたすことも少なくなりません。 

【若いときとの汗のかき方の違いは?】
今、どこの箇所に汗をかきやすいですか?
プレ更年期、更年期の汗のかき方の特徴は、首から上に汗をかきやすくなることです。
頭や、口のまわりなどから汗がたくさんでます。
また、汗をかいた後は、寒くなってゾクゾクし、体温調節がうまくいかないと感じます。
運動もしていないのに、首から上に汗をよくかくなぁと思ったらプレ更年期・更年期のサインかもしれません。
でも自分に合ったケアがきっとあるので、少しずつケアに取り組んでいきましょう。

多汗、のぼせ、ほてりの原因って?

自律神経は本来、血管を拡張させ放熱させたり、収縮させて熱が逃げるのをふせいだりして、体温を一定に保つ働きをします。 
しかしプレ更年期・更年期は、一日にあるいは日によって、数回エストロゲンの分泌が急上昇したり、急降下したりする影響で、自律神経の本来の動きを乱れさせるのです。 
その結果、自律神経が乱れ血管が拡張すると、多汗、のぼせ、ほてりが起き、逆に収縮すると血液の循環が悪くなり冷えが起きるのです。 
だから急に汗をかいたかと思えば、突然ぞくぞくと寒くなるんですね。 

  • ほてりやのぼせは、自分にとってはとても恥ずかしくて気になることでも、まわりの人はさほど気にしていないものです。 あまり気にしないことが一番です。

  • 念のため汗をかいたときの準備を万全にしておくと安心ですね。
    外出の時は吸湿性のあるハンカチを多めに持つなど、準備をしておくと安心感につながり汗がでにくくなりますよ♪

  • 汗をかいたことを恥ずかしく思い、緊張すると自律神経が乱れて、余計に汗をかいてしまうことも。 周りの人に「わたしは汗をよくかくの」を思い切って宣言してみませんか。 気持ちが楽になり緊張がとけ、汗が出にくくなります。

  • 運動をしましょう。 運動を日常的にしていると、体温を一定に保ったまま汗をかくことができるようになります。
    少しずつでも運動が習慣化できるといいですね。
    ウォーキングは気楽にできる運動なのでおすすめです。

  • 入浴時は腰湯でじっくり汗をかくといいですね。
    38℃くらいの温めのお湯でみぞおちから下だけ20~30分かけてつかりましょう。
    血液循環がよくなり自律神経を整える動きをします。