マイページ カゴをみる

更年期のしみ・黒ずみ

CoCoRoプラセンタ

プレ更年期・更年期のしみ・黒ずみ

紫外線対策には気をつけているのにシミが……。

プレ更年期になると、紫外線対策をしていても、しみやくすみが気になり始める方が多いです。

さらに更年期にさしかかると、しみやそばかすがだんだんと濃くなり、肌もくすみがちになるため、これまで使っていたファンデーションがなんだか合わないと感じる方もいらっしゃるようです。

しみ・黒ずみの原因って?

頬や目の周り、額などにあらわれる薄茶色から褐色の色素沈着を「しみ」といいます。
原因は紫外線で、肌を老化させる原因の一つです。
そのまま手を打たず紫外線を浴び続けると、次第に色が濃くなっていきますので細心の注意が必要です。

また、歳を重ねるごとに皮膚そのものが老化し、それに加え更年期はエストロゲンが減少しますので、その二つが重なって、しみ・黒ずみといった肌トラブルを引き起こします。

プレ更年期~更年期の肌トラブルは、歳を重ねることによる皮膚の組織変化が関係しているので、予防やケアは難しいですが、近年では、加齢よりも紫外線(光老化)の方が老化の大きな原因だとわかってきました。
すこしでも健康な肌を保つために、今すぐにでもケアを始めましょう。

*紫外線は老化を早めます

紫外線を防ぐ効果がある化粧品や、日傘、帽子などを利用し、日常的に紫外線から身を守りましょう。
晴れた日ばかりでなく、曇りや、雨の日も紫外線は降り注いでいます。
気を抜かずにしっかり紫外線対策を心がけたいですね。

*体の内側から取り組みましょう

しみや黒ずみは「細胞の酸化」が進んでいることのあらわれです。
つまり、お肌のお手入れだけの問題ではなく、体の中から酸化を抑えることが大切になります。

*肌にいい食品は?
ビタミンCはもちろん、活性酸素を除去する食品、酸化を防ぐ食品の摂取をこころがけましょう。

  • 色素沈着を防いで、しみを薄くする・・・ビタミンC(キャベツ、ブロッコリーなど )
  • 皮膚を形成する・・・ビタミンA(にんじん、レバーなど)
  • 活性酸素の除去・・・βカロテン(小松菜、かぼちゃなど)
  • 新しい皮膚細胞の形成・・・タンパク質(肉、魚、納豆など)