マイページ
CoCoRoプラセンタ

普段の食事で生理痛を緩和できる!おススメの栄養素

生理のたびに悩まされるお腹の痛み。
通常、痛みを抑えるために鎮痛剤などを飲用する方は多いと思いますが、普段の食事や生活習慣を見直すことで改善できるなら嬉しいですよね。

普段わたしたちが食べている食品に含まれている栄養素の中には、摂ることで、生理痛を緩和し、未然に防ぐことのできるものがあるようです。

それでは、どのような栄養素が生理前後の身体に優しいのか、詳しくみていきましょう。

生理前後の身体に優しい栄養素
ビタミンB6

神経伝達物質の補酵素として働くことで生理痛の症状が和らぐと言われています。
また、女性ホルモンであるエストロゲンの代謝、細胞の新陳代謝を促し、美肌にも効果があります。PMSや妊娠前期の悪阻にも効果的です。

ビタミンB6が豊富な食材…マグロ、さんま、鮭、かつお、サバ、レバー、銀杏、ピスタチオ、にんにく、バナナ、鶏肉

ビタミンE

ビタミンEには、血管を拡張して血流を良くし、ホルモン分泌を正常にする働きがあります。また、強い抗酸化作用があり「老化防止のビタミン」と言われているほどです。

糖尿病、心臓病、がんなどにも効果があるといわれていますが、更年期障害の予防や治療にも役立ちます。

ビタミンEが豊富な食材…アーモンド、落花生、ごま、納豆、モロヘイヤ、うなぎ、抹茶

ビタミンC

生理痛緩和に必要なビタミンEやBの吸収を助ける働きをします。
ただし、ビタミンCは摂取してもすぐに体外へ排出されてしまうので、こまめに補給することが大切です。また、ストレスの緩和や、美肌効果のある女性に嬉しい栄養素です。

ビタミンCが豊富な食材…グレープフルーツ、キウイ、アセロラ、イチゴ、のり、かぶ、ゴーヤ、ブロッコリー

ビタミンB1

神経の働きを正常化し、ストレスに対抗する力が付きます。
強くストレスを受けるとホルモン分泌をコントロールしている自律神経の働きが鈍くなります。それに伴い血流が悪くなり冷えが起こって生理痛の悪化につながります。

ビタミンB1はイライラも防止でき、糖質を分解してエネルギーにするためダイエット効果もあります。

ビタミンB1が豊富な食材…豚ヒレ肉、大豆、たらこ、大麦

カルシウム

カルシウムは神経伝達に関与し、不足するとイライラしやすくなります。
ストレスなどで体外に排出されたり、吸収が悪くなったりするので要注意です。

カルシウムが豊富な食材…ヨーグルト、牛乳、小松菜、チーズ、小魚、海藻、緑黄色野菜、ひじき

DHA

魚の油に含まれている必須脂肪酸です。血液循環を良くし、ホルモン分泌の補助をする働きがあります。

DHAが豊富な食材…イワシ、さんま、マグロ、サバ

鉄分

生理中は鉄分が不足しやすくなります。貧血状態になると体が冷えやすくなります。

鉄分が豊富な食材…いわし・カツオ・牡蠣・レバー・ほうれん草・小松菜

大豆製品

女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。コレステロールを下げ、更年期障害の症状も和らげます。

おすすめの大豆製品…きな粉、豆乳、納豆、豆腐

このように、生理痛に強い体を内側から作るには、毎日の食事が大切になってきます。

栄養バランスの整った、体が喜ぶ栄養素を意識した食生活を送っていれば、生理痛対策だけでなく、女性に嬉しい様々な作用が期待できそうですね。

ツライ生理痛に