マイページ カゴをみる
CoCoRoプラセンタ

たるみ

なんだか老けた?気になるフェイスラインやほうれい線

老けた印象を与える肌の現象といえば「たるみ」ですね。
年齢を重ねるにつれて、だんだんとフェイスラインが崩れていきます。

若い頃とは明らかに違うラインの変化がみられたり、これまでなかった箇所に新たなラインが刻まれる・・・じわじわとそのような変化は起きています。

肌がたるんでしまうと、疲れた表情や老けた印象に見えてしまいますよね。
この、たるみはなぜ起こるのでしょうか。

たるみの原因は?

たるみは肌と筋肉、脂肪この3つの関係が崩れていくことで始まります。

筋肉は通常、骨と骨を結んでいるのですが、顔の筋肉は骨と肌を結ぶ役割をします。
そこに脂肪が加わるため、筋肉が衰えたり、脂肪が増えていくと、重さに耐えれずどうしてもたるんでしまうのです。

逆にたるみのない肌というのは、脂肪を支える筋肉が衰えておらず、脂肪の量も適量ということです。

そのほか、加齢とともにコラーゲンをつくる力が弱まり、コラーゲンそのものの量が減り、だんだんと質も悪くなっていきます。その結果がたるみとして表れます。

*体重の増加に注意しましょう 
体重が増えると脂肪も増えます。そうすると筋肉では支えきれず、たるみの原因となります。

*表情筋を意識しましょう

左右バランスよくたくさん噛むことは表情筋に効果的です。
「1回で30回」噛むことが理想的です。食べ過ぎ防止にもなるので、ダイエットにもなりますね。

*マッサージは下から上、内から外 
毎日のスキンケアの時に下から上、内から外を意識して、力加減に注意しつつマッサージを取り入れてみてはいかがでしょうか。
肌を引っぱらないように気をつけてくださいね 。

*頭皮もマッサージしましょう

頭皮は顔とつながっていて、顔と同じようにむくんだり、たるんだりします。
頭皮用のマッサージブラシなどを活用したり、毎日のシャンプー時に頭皮をマッサージしたり、頭皮のケアを行うことは肌のたるみを防ぎます。
日ごろからコツコツと実践してみましょう。

*血行をよくしましょう 
血行が良くなると肌の再生力が高まります。
半身浴で体の芯から温めたり、マッサージで凝りをほぐしましょう。
コラーゲンの生成と保持を助け、肌の再生を促すローズヒップの入ったサプリメントなどもおすすめです。

*肌にいい食品は?

たるみには、コラーゲンを含む食品がおすすめです。
ふかひれ、豚骨、身近なところでは手羽先などが手軽です。
脂肪分を減らして摂取したいときは、手羽先を塩ゆでして油を抜いて、少量のドレッシングやソースをつけて食べるといいですよ。

  • 色素沈着を防いで、しみを薄くする・・・ビタミンC(キャベツ、
     ブロッコリーなど )
  • 皮膚を形成する・・・ビタミンA(にんじん、レバーなど)
  • 活性酸素の除去・・・βカロテン(小松菜、かぼちゃなど)
  • 新しい皮膚細胞の形成・・・タンパク質(肉、魚、納豆など)
  • 酸化を防ぐ・・・ビタミンE(うなぎ、ピーナッツなど)